読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェルメールに誘われて

140字に収まらない想いをそのまま書くブログ

Black of nightを語る。

最近更新率高くない?

 

と思いの方。見ての通り、高いです。

暇ではないんですが、どうしてもどうしても

Black of nightについて話したくて!!!!

 

 

"Black of night"

関ジャニ∞の12/7リリース《NOROSHI》のカップリング曲(初回BにMVついてます)

・メンバーの安田章大さん作詞作曲(というか全面的にプロデュース?)

 

これだけでも結構なボリュームですけども、

まず曲から、

安田ワールド炸裂すぎる!!

 

歌詞の深読みは他の方がたぶんやってると思うので、曲のつくりや音、MVの映像から私が個人的見解で読みたいと思います。

もう一度いいますが個人的見解です。

 

まず、ベースとなっているピアノとストリングス。綺麗な背景とともにいつでも壊れることのできるサウンドだと思っています。

そこにガラスの割れる音、水音、心臓の音、呼吸音加わることで《生》を感じられます。

 

コンセプトが《暗闇》《黒》《夜》となっているなかでは少し明るいかな?という第一印象を受けましたが、深く聴くうちにハマりコンセプトがわかってきました。

 

暗闇の中から出られない主人公の話ですが、心臓の音の後に水音がなっていたり海に溺れるという歌詞から、

 

暗闇の花の中は暗黒の海、その中で主人公はもがき苦しむ。苦しむ様を息や早まる心臓の音、水音で表現している。

 

そんな情景を思い浮かべられました。

 

また、ピアノの不協和音やガラスの音から闇の中で崩れ落ちていく主人公を思い浮かべられます。

 

そして、安田さんのファルセットは少女と主人公のうめき声苦しむ声かなと。、

 

MVの演出から染色は罪のイバラ、存在の消失が描かれているように見えます。

最後のシーンでは、光が見えたとしてもこの暗闇から出ることはできない。

そんなようなことが考えられます。

 

ここで謎なのが、最後の心臓の音は死の音なのか、落胆の音なのか。。

 

いやぁ。。闇深き。。。

 

読み解くのが非常に難しくそれもまた魅力的。

 

そして垣間見るメロディーラインの安田ワールド。 安田さんしかつけないメロディーラインを走っていてあっという間に聴く人を虜にします。(私もその1人です。笑)

 

 

こんなところでしょうか。。

語彙力が皆無なので、書きたいことが言葉にできなくて書き足りない感じですが。。

 

そして完全な個人的見解なので全然違っていたらごめんなさい。

 

 

とりあえずNOROSHI初回B買ってください。笑

 

いつもとは全然違う関ジャニ∞を見れること間違いなしです!!!

 

今回もお付き合いありがとうございました、

 

 

 

 

広告を非表示にする